園山春二の描く・・・ 「宮 沢 賢 治 の 世 界」展開催!

11_1_71.jpg詩人・童話作家・音楽家・科学者・哲学者・宗教家・農民・・・様々な顔をもつ“宮沢賢治”は 今なお多くの人々に愛され、心の中に生き続けています。幼少期、フランスで生まれ育った 園山春二は日本から届いた“宮沢賢治”の童話・詩集の仏訳本を両親より読み聴かされ深く感銘を受けました。そして母国に里帰りした春二は、“賢治”の郷里 岩手県花巻市を幾度も訪ねるなど、熱心な“賢治フアン”の一人となりました。その後、春二が創設運営する尾道の「梟の館」に 梟の愛好家でもあり賢治を大伯父にもつ“宮沢和樹様”が来館、爾来同氏との親交を深めながら現在にいたっております。本展では、春二が 和樹様より譲り受け、また独自に収集した“賢治ゆかりの品々”を始め、春二が描いた“賢治の童話の世界”に登場する様々な場面を彷彿とさせるガラス絵など・・・多数を展覧、“宮沢賢治”の魅力に迫ります。11_1_7_03.jpg11_1_7_011.jpg11_1_7_05.jpg11_1_7_021.jpg11_1_7_06.jpg